スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<一龍斎貞水さん>肺がん手術で入院(毎日新聞)

 怪談噺(ばなし)で知られる人間国宝の講談師、一龍斎貞水さん(70)が肺がん手術のため入院していることが11日分かった。

 関係者によると、貞水さんは4月に肺がんが見つかり、今月1日に手術を受けた。回復は順調で今週中にも退院し、7月7日に高座復帰する予定という。

菅首相の所信表明詳報(9)完「果たすべき使命は元気な日本を復活させること」(産経新聞)
<菅首相会見>その1「政治の役割は最少不幸の社会を作ること」(毎日新聞)
口蹄疫 宮崎、日向も感染疑い 都城の牛3頭は「陽性」(産経新聞)
首相動静(6月12日)(時事通信)
オウム進出阻止に700人=新拠点警戒、住民集会―東京・足立区(時事通信)
スポンサーサイト

自動車火災、都に賠償命令=交通規制の発炎筒から引火―東京地裁(時事通信)

 高速道路で起きた自動車火災は警視庁が交通規制で使った発炎筒が原因だったとして、東京都内の青果卸会社経営者の男性(67)が損害賠償を求めた訴訟の判決が26日、東京地裁であった。鈴木秀孝裁判官は発炎筒から燃え移ったと認定し、「確実に消火しなかった警察官の過失は重大」として、都に慰謝料など約550万円の支払いを命じた。
 判決などによると、火災は2006年9月に首都高速道路上で起きた。男性の乗っていた乗用車が交通規制で停車した後、しばらく走行したところで炎上した。男性は車を止めて外に避難したため無事だった。
 規制現場では警察官2人が6本の発炎筒を使用。都側は「引火した証拠はない。過去にも発炎筒による車両火災例はない」と主張したが、鈴木裁判官は車の整備ミスによる出火の可能性を否定した上で、「発煙筒以外に原因はない」と判断した。 

【関連ニュース】
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【特集】渋滞はなぜ起こる?対策は?
誤切符交付で14人賞与減額=山梨県警
パトカー追跡の車が事故=男性重体、同乗の長男も軽傷
高速新料金6月実施を断念=関連法案の審議進まず

タクシー火災 後部座席に男性遺体 身元確認急ぐ 神奈川(毎日新聞)
インフラ輸出促進へ戦略委=国際協力銀など強化検討―政府(時事通信)
橋下知事も「幼稚園児レベルの結論だ」 知事会での普天間協議(産経新聞)
水戸黄門 新シリーズに雛形あきこさんをレギュラー起用(毎日新聞)
<口蹄疫>九州地方知事会が対策の強化・充実を要望(毎日新聞)
プロフィール

きりはらとしあき

Author:きりはらとしあき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。